トランクルーム、レンタルコンテナを活用してみよう!

街中にあるトランクルーム

土地の有効活用方法として、太陽光発電パネルの設置や駐車場を設置する方法もありますが、現在はそれに加えてトランクルームを設置する方法もあります。レンタルコンテナとも呼ばわれるそのトランクルームは、駐車場と同じように無人でも運営することが可能なのが魅力です。また、レンタルコンテナをそこに設置するだけで良く、土地をすぐに有効活用したいという時に役立つので、最近は街中にレンタルコンテナを設置している所が増えています。

どんな活用方法があるのか?

トランクルームを使ったことがないという方は、一体どんな使い方があるのか検討もつかないという方も多いですが、以外に使い道は多種多様となっています。一番身近なたとえとして自宅に物置がないという方が物置代わりに使うという方法が有ります。例えばキャンプ用品などをトランクルームにしまっておいて、レジャーに出かけるときだけそこから取り出して使うという方法です。サイズも物置より大きく、年に数回しか使わないものをそこに置いておけます。

その他の活用方法について

物置代わりに利用する他に、次のような便利な使い方も有ります。一つは書類や資料の保管に使う方法です。ビジネスをしている方の中には、司法書士など大量に資料を保管する必要がある方もいます。そんな時にもトランクルームは活躍します。また、コレクターがコレクションケース代わりに利用したり、大工道具と言った大型の工具をしまっておきたいときなどにもそれは活用できます。大きな収納スペースが急に必要になった時などに使ってみましょう。

トランクルームとは、スタッドレスタイヤやゴムボートなどの季節ごとの道具のような、使用頻度の高くないものを預けておける外部の倉庫ですが、巨大な倉庫ではなく部屋単位で区切られています。