知ってる?金属の表面処理は酢洗いが効果的!

金属のメッキ前の処理には?

「酸洗い」は硫酸や塩酸などで金属の表面を処理する作業です。「金属表面の洗浄」「メッキや塗装前の下地の処理」「ステンレス材の表面の被膜の再形成」と大きく3つに分けられます。金属の表面を洗浄する場合は品質向上に繋げるため、溶接ビードの変色部や燃焼による黒皮等、もらいサビ、作業をする際の手袋などの油や汚れなど不純物による全般の除去を目的に行います。外観の品質が重要視されるステンレスやチタン、アルミニウムなどの非鉄金属は、酢洗いは最終工程として行われて納品されることも多いです。

下地の処理に重要な酢洗い

メッキを施す時や塗装工程の下地処理がスムーズにできるように、金属加工を行う前に脱脂もかねて酢洗いで処理します。酢洗いで処理したあとは、表面はざらついて油分も除去されることで、メッキや塗料が密着が一層良くなります。ショット加工や切削する時の下地の処理としても効果があります。ステンレスは不動態被膜をつくることで、サビに強い本来のステンレスの素材に戻す工程で酢洗い処理を行います。ステンレスは薄膜「不動態被膜」「酸化被膜」などと言われる膜が保護することによりサビにくくなっています。素材の状態で膜は維持されていますが、溶接などの加工によって壊されるてしまうため、膜を再形成させる目的で酢洗い処理が行われます。

酢洗いのメリットは?

金属加工における酢洗いのメリットは、他の処理方法に比べると比較的安価なことや、ステンレスに均一に空気と反応させることができることです。酢洗いは、サビや溶接による焼けなどを極めて薄く剥がすように落とし、物理的な力も加わらないため歪みが少なく製品に問題が生じません。ただし、仕上がりはざらつきがあり曇る感じになるため、光沢が重要視される製品の場合は、電解研磨、バフ研磨などの他の処理方法が適しているとされています。

酸洗いとは金属に生じた錆びなどを、塩酸や硫酸などを使って洗浄することです。この作業を行なうことにより、金属が綺麗になります。